「ありのままの自分でいい」そう言い聞かせてきたことが、
吉川メソッドに出会って根本から変わりました

♯01  生命保険料増額の果て…

 

仕事、育児、家事があるし、自分のことは後回し。見た目よりたくさん食べてパワフルでいなくちゃ!

 
2回の出産を経て、例にもれず産後太り。うなぎ上りに増えた体重はいつのまにか10キロ以上に!過去最大の体重を突破しても、「太ったけど元気なら、まぁいいか!」と何もしないままに太り続けていました。
 
「保育園の子供が2人いて、フルタイム勤務。仕事、育児、家事があるし、自分のことは後回し。まずは、見た目は気にせず、たくさん食べてパワフルでいなくちゃ!痩せることは、子供の手が離れてから色々考えよう。」
 
元来、食べること大好きで、子育てを理由に都合のよい理由を並べ立て、自分の体型は見て見ぬふりをしていました。出産後にまで美に対して熱心に取り組むことができる母親は、女優さんとか、見られることに敏感な完璧主義の余裕のある美意識の高い女性ばかりで、見た目にあまりこだわりのない自分とは無縁の世界と感じていました。
 
もともと運動と縁がなく、筋肉にも全く興味なし。20代の時に「ちょっと痩せたいな。」とスポーツジムに入会していたこともありますが、ほとんど通わずに半年ほどで退会して、「同じ費用をかけるなら、生命保険料にあてて、不健康になった時のために使おう!」と保険増額するようなタイプ。そんな自分が吉川メソッドにお世話になるとは夢にも思いませんでしたが、色々なタイミングが運良く重なりました。
 
2人目の出産から2年。アラフォーを目前に、老けたなぁ…と自分でも感じていた折、夫からも「その体型で健康に問題ないの?」と指摘を受け、仲の良い同僚から「いっちゃ悪いけど、見た目が劣化してる!」と言われショックを受け…。仕事の関係で20代の頃にお世話になっていた方々と再び会う機会も増え、変わり果てた姿で会うことが恥ずかしいという気持ちもありました。
 

ありのままの自分でいいと言い聞かせた思考停止から脱却するチャンスがやってくる。

 
このまま老いる一方だとどうなるのか…!?さすがにヤバイ? と、今さら焦りました。ただ、カロリー制限のダイエットは20代に半年ほど続けたことがありますが、独身時代の時間に余裕があった時のこと。今、そんな長期間を頑張り抜く気力はない。筋肉をつければ代謝が上がり痩せられるらしいけど、筋トレがよくわからない。地道に毎日ウォーキングなどの有酸素運動をする時間はない。ないないづくしで何をしたらいいのかわからず、やっぱり、ありのまま、このままでいるしかないのかな?と、また、思考停止になりそうな時、吉川メソッドに出会いました。
 
会社の上司が吉川メソッドで超短期間で見た目が引き締まり、健康になっている様子を目の当たりにし、そんな魔法のような方法があるの?と興味を持ったのが始まりです。詳しく話しを聞いてみて、よし、賭けてみよう!と思った理由は3つ。

1つは、「短期集中」ということ。期間限定であれば、スケジュールの都合もつけやすく、筋トレも週に2時間だけならなんとかなります。

2つ目は、体験者である上司からの「プロ中のプロに教えてもらうことで最短時間でゴールにたどり着ける」という言葉。とにかく時間を効率的に使いたいと感じてましたし、プロならなんとかしてくれるかも!と期待値も上がりました。

3つ目は、色々と営業されないということ。痩身系ジムでよく聞く、プロテインの追加購入のオススメとかそういうものがないと体験者から聞けたのでその点で安心しました。
 
とにかく、プロに任せてなんとかしてもらおう!そんな他力本願な考え方から、アラフォーを目前に吉川メソッドをスタートさせました。
 
(次回) ♯02 出産並みの衝撃体験が続々と。

お電話での問合せは、こちらの
電話番号をタップしてください
03-6450-4405